目立ちにくいインビザラインで歯並び綺麗|歯のトラブルは歯科で治療

歯科

治療の種類

院内

子供の頃に歯並びが悪くなるとよく耳にすることはありますが、成人した大人でも歯並びが悪くなる可能性はあるため、注意が必要になります。歯並びが悪くなると食事を行なう時や歯ブラシを行なう時などに不便さを感じてしまうことがあるのです。例えば、食事をしている時に、食材が噛みきれず大きいまま飲み込むことになったり、歯ブラシを行なう時にブラシがきちんとフィットしないことで磨き残しがあり、そこから虫歯になったりと様々な支障が出てしまうのです。このように、歯並びの悪さによって体にも影響を及ぼしてしまうため、早めに横浜にある矯正歯科で治療を行なうようにしましょう。

横浜の矯正歯科では、全体矯正と部分矯正の2つの種類があります。全体矯正は名前の通り歯並び全体を矯正する治療となっており、部分矯正は気になる部分だけの歯並びを矯正する治療なのです。全体矯正に比べて部分矯正の方が費用は比較的安いため、費用を安く抑えたいと言う人は部分的に治療を行なうとよいでしょう。また、横浜の矯正歯科で部分矯正を行なった場合、短期間で治療を行ない治すことが可能です。通常、全体の矯正を行なった場合、期間は約2年から3年ほどかかるとされていますが、部分矯正の場合は約6ヶ月から1年ほどとされています。しかし、歯が動くスピードにも個人差があるため、目安の期間として覚えておくとよいでしょう。横浜の矯正歯科で治療を行なう際には、きちんと医師に相談してから行なうことが大切です。